エステの効果

リンパマッサージ

怪我したとき、出血は止まっても透明な粘り気のある液体がジクジクと滲んでくることがあります。あれがリンパ液です。基本的にリンパ液というのは血液と良く似た成分をしています。ただし赤血球が含まれていないため、赤色ではなく透明色です。その粘り気のあるリンパ液が、ゆっくりと体内を循環している…。その手助けをするために、マッサージでリンパ液を押すように送ってやる…。まずこうしたイメージを頭に描いておくとリンパマッサージがより効果的になります。そして、リンパマッサージはこのように粘り気のあるリンパ液の循環を促すものなので、リンパ液の濃度を少し下げておいたほうが潤滑に流れます。マッサージを行う前にはコップ一杯ぐらいの水を飲んでおいたほうがよいでしょう。大量の汗をかいた後は体の水分が不足しがちです。こういう場合はもっと多めに水分を補給しておいたほうがよいでしょう。また、体がストレスにさらされているとリンパ管が緊張してリンパ液が流れにくくなります。イライラしているときや、急いだりあわてたりしているときにリンパマッサージをやっても効果は出にくいです。なるべく、時間と気持ちにゆとりを持ってご来店ください。

次へ
ページTOPへ
ホーム
営業時間:16:00〜朝5:00
011-512-2244