札幌 メンズエステ TENDRESSE タンドレス

ゲートコントロール説

ゲートコントロール説

まずは、一般的な「ゲートコントロール説」についての解釈ですが、痛みは絶対的なものではなく、気分やストレスといった心の状態と深く関わっているということです。例えば、ひとりでいるとズキズキと痛む傷も、友人と楽しく会話している時には気にならなかったり、さっきまでは気付かなかった痛みが気になり出すと痛くてしょうがない、という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?こういった現象はゲートコントロール説で説明をすることが出来ます。どういうことかというと、抹消神経から脊髄神経へと痛みが伝わるときに、脊髄に痛みをコントロールするゲート(門)があって、痛みの情報を脳へ伝えるかどうかを調節しており、ゲートが開いているときはうんと痛く感じ、ゲートが閉じているとあまり痛みを感じなくなります。そして、このゲートの開閉を司る要因が、気分やストレスであるという考えです。

この「ゲートコントロール説」を痛みだけではなく【安らぎ】【安心感】【満足感】にも解釈を拡げたのが、当店のコンセプトにもある「ゲートコントロール」です。例えば、同じ料理でも使い捨て容器に入っているものは味気なく感じ、立派な器に入っているものはより美味しく感じたり、あまり親しくない人からのアドバイスと、親友からのアドバイスでは言っている事は同じなのに説得力が違う、などのように、評価されている物や、信頼・信用している物と対を成していると、より【安心感】や【満足感】が高まります。このように【安らぎ】【安心感】【満足感】もまた、感じ方をコントロールするゲート(門)があって、脳への伝え方を調節しており、このゲートの開閉を司っているのが、信頼と信用であると考えています。特に、懐疑的な気持ちや不安は【安らぎ】【安心感】【満足感】を著しく低下させてしまいます。私たちの「ゲートコントロール」とは、不安要素を感じさせない【人材】【設備】【技術】を提供することで信頼度を高めていくことを意味しています。

記述内容には十分注意しておりますが、当店独自の解釈や科学的根拠に乏しい内容も含まれております。また、記述の全てが当店サービスに関わりある内容とは限りません。記述内容の取り扱いにつきましては、閲覧者の自己責任で行なうようお願い致します。記述内容に起因しての損害が生じたとしても、当店はその損害に一切の責任を負いませんし、いかなる保証も致しませんので予めご了承ください。